動物は英語で鳴くの?

みなさん、こんにちは。本日12月24日、クリスマスイブです!

アメリカに住んでいた時は毎年友達の家のクリスマスパーティーに招待されていました。

50人以上もくるパーティーで、食べ物の準備をいつも手伝っていました。

朝から晩までキッチンで、50人分の食事とデザートを友達家族とみんなで用意をして楽しみながら、家族みたいに毎年一緒に過ごしていました。

キリスト教の信仰が強い国は、家族と集まってクリスマスを過ごします。

ツリーの下にプレゼントをおいて、クリスマスの日の朝、

みんなでパジャマを着たままプレゼントを開けるんです。

毎年この時期になると、今年は何がもらえるかな〜とワクワクします。

映画そのままです!

日本のお正月みたいですね、

家族でおせち料理を作りながら、年越しをしてお年玉をもらうように。

 

さきほど気になって、来年を干支を調べてみました。

2018年は戌(いぬ)年ですね~

 

犬の鳴き声は日本語で「ワンワン」ですが、英語はどうでしょうか?

え?動物の鳴き声に英語なんてあるの!!???

はい!あるんです。

では、英語で動物の鳴き声を10選紹介したいと思います!

 

12干支にちなんで12個にしようと思ったんですが、中に絶対聞いたことがないのはあると思います。例えば、龍。

ドラゴンの鳴き声を聞いたことある人ぜひコメントしてください! 

 

では、まず最初に「この動物はなんと言って鳴きますか?」の質問を英語で言うと↓

 

What does a/an (animal) say?  です。

1:犬 dog

What does a dog say?

A dog says woof, woof.

 

カタカナにするとだいたい「ウーッフ、ウーッフ」みたいな感じです。

ウーッに勢いをつけながら語尾を下げて発音します。

2:猫 cat

What does a cat say?

A cat says meow, meow.

 

「ミャオー、ミャオー」

これは日本語と同じですね!世界共通でしょうか?

日本語とほとんど変わらない発音ですが、さらに英語らしい発音にするコツとしては、

「ミャ」から「オ」にたどり着くまで、なるべく口で円を描くようにゆっくり話すこと。

ミ→イ→ヤ→ア→オ ぐらい、ゆっくりと。

3:ブタ pig

What does a pig say?

A pig says oink, oink.

 

はい、豚さんは英語で「オインk、オインk」と鳴きます!

Kの後ろに「う」の母音を入れると「オイン”ク”」という発音になってカタカナ英語っぽくなってしまいますので、あえてkとしか書いてません。

実は英語を話すとき、必要のない「う」の母音を捨てるだけでかなり英語らしい発音になります。

例えば、I like apple. の like は「ライク」というよりも「ライk」. ク(ku)のu を捨てて、kだけでいいんです!

↓こんな感じです。

 

4:ライオンは? lion

What does a lion say?

A lion says roar, roar.

 

ライオンはこんな感じ↑で英語で鳴きます。

書面で発音を説明するのにかなり限界がありますねー。特にRの発音は日本語にない音なので、カタカナでどう書けばいいのか正直、わかりません。ら行を使うとLの発音になってしまいますのでまず、上の音声を聞いてください。

 

Rの発音をするとき、巻き舌じゃないといけないというのを聞いたことがあるかなと思います。

実はそんなことないんです!

 

Rを発音するときの舌の位置は、舌を口の中で宙に浮かしてる状態にして、喉側に引くことです。

そして一番大事なのは、舌で口の中をどこにも触れないことです!少しでも触れるとLの音になります。

最初は難しいかもしれません。

どうしても触れてしまうかもしれません。

でもこの違いを認識することが第一歩です!

 

5:カエル  frog

 

What does a frog say?

A frog says ribbit, ribbit.

 

日本語のケロケロとだいぶ離れてますね!

これもRで始まる単語なので、まず、舌が口の中を触れないことを意識することです。

実はRで始まる単語なら、最初に唇だけで「う」の形を作って準備するとやりやすいです。

同時に舌は喉側に引いておくことです。これでRで始まる単語をするときの準備が整えました。

その次に、唇を開けながら、舌を喉側から前のほうに送り出します。

その時、決して口の中を舌で触れないことです!

やってみてください。

 

6:アヒル duck

What does a duck say?

A duck says quack, quack.

 

 

「クアェック、クアェック」

quack の綴り中にある a ですが、apple や cat の a の発音と同じように、

「あ」でもなくて、「え」でもなくて、「あ」と「え」の中間にある音になります。

/æ/ ←この発音記号を見たことあると思います。

これを発音するときのコツは、まず歯を見せるぐらいのスマイルをしてください。

そして、「え」の発音をするときの口の形をして、「あ」を言ってみてください。

そうすると「あ」でもない、「え」でもない、「あ」と「え」の中間にある中途半端な音になります。それでいいんです!

7:ネズミ mouse

What does a mouse say?

A mouse says squeak, squeak.

 

「sクィーk 、sクィーk」

これも3番のOink みたいに、必要のない母音を捨てることです。スクイークと言ってしまうかもしれないですが、スクイークのス(Su)に入ってる「う」の部分を捨てて、そして最後のク(Ku)の「う」の部分を捨てると、とっても英語らしい発音になります。

 

8:フクロウ owl

What does an owl say?

An owl says hoot, hoot.

 

「hゥーt、hゥーt」

hooは「ホ」でもない、は行の「フ(fu) 」でもないです。

どちらかというと、「ホゥ」に近いです。

そして最後のTは「ト」ではなく、ト(to)の母音を捨てて、t の音だけになります。そうするととても英語らしい発音になります。

Hooters (フーターズ)というアメリカンダイニング・スポーツバーありますね。

そのなまえの由来がフクロウの鳴き声と少し関係しているんです。

東口校の優先生がフーターズガールやったことがあるという説をどこかで

聞いたことがあります。

Ms. Yu, please confirm. 😉

9:牛 cow

What does a cow say?

A cow says moo, moo.

 

日本語はモーモーですね。英語は、「ムームー」になります!これは割と簡単です。

10:雞 rooster

What does a rooster say?

A rooster says cock-a-doodle-doo.

 

Rooster は雄雞です。コケコッコーと鳴くほうですね!

「コケコッコー」が英語で「コッカドゥードドゥー」になるんです!

たかが「コッカドゥードドゥー」だと思うかもしれませんが、

ちょっとリズム感があるのはお気づきでしょうか?

「タッタタッタター」みたいなリズムですよね。

 

それとcock-a の部分が「コックア」じゃなくて、「コッカ」みたいな発音になっているのも

お気付きですか?

英語の発音は実際書いてある通りに発音してないことが多いので、

ネイティブの人が実際言っていることが聞き取りづらいくて、

ゆっくり話してもらってやっと理解できるような経験はみなさんあると思います。

じゃ、なんでcock-a の部分が「コックア」じゃなくて、「コッカ」みたいな発音になるのか、

どういう時にそうなるのか、といったような発音のコツをいくつか知っておけば、誰でも簡単に

ネイティブみたいな発音が出来るんです!

ヒアリング力も一気に上がることができるんです!

Ms. Leiの発音コースを受けたあと、TOEICのリスニング部分の点数が上がった声ももらっています。

 

ということで、2018年度1回目の発音セミナーを1月末に行いたいと思います。

今さっき紹介しました発音のコツをみなさんに詳しく教えたいと思います。

詳細は後日発表します!!!

 

年末年始海外旅行に行く人いますか?

英語圏で動物に遭遇した時はぜひ↑を使って、動物に話しかけてください。笑

ではでは、みなさん。2017年の残りの一週間を楽しんでください!

Merry Christmas. 🎄

Author Profile

服部蕾
服部蕾

中国13年→日本7年→アメリカ17年→そしてまた日本
三カ国語ペラペラ
元ピアノ講師 in America (12年)
翻訳会社のプロジェクトマネージャーin America(7年)
気持ちはガイコクジン
3度も移住を経験して身についた文化と語学力を皆さんに伝授したい!

COMULINK講師の本気の学習コンサル&体験レッスン会

学習コンサル&体験レッスン会の流れ(90分~120分)

①学習コンサル(約30分)
②英会話・TOEIC・発音指導などご希望に応じた体験レッスン(30分~40分)
③最適プランのご提案(約30分)

英語が話せるようになるまでの期間や取り組むべきことが明確になります。
単なるレッスン体験にとどまらず、その方にあった最適な学習方法をお伝え出来ます。