忘年会シーズンに役立つ飲み会に関する英語表現10選!

Hi there!

 

飲みキャラ扱いをよくされる名駅東口校の優です。

 

お陰様でスペインでもオーストラリアでも外国人との飲みニケーションばっちりでした(笑)

日本でも月に1度主催している異業種交流会で役に立っています(笑)

 

ですが、そんな私も家では基本飲みません。

飲み会が好きなのはみんなと楽しく食事ができるから・みんな笑顔になるから・みんなのまだ知らない部分を知れるから(^^)

「飲みニケーション」推奨派です(笑)

 

ところでみなさんは今年忘年会(end of year party)は何回しましたか?

私はこれからのも合わせて5回かな??

「意外と少ないね」と言われます(;^_^A十分です(笑)

 

明日はCOMULINKの忘年会があるので楽しみっ♪

本校のたけちゃんは酔うとラップをしだすという性質があり、1度だけ見たことありますが、とっても面白かったのでまた酔わせてやってもらおうと思っています(笑)

 

 

さてさて、そんな忘年会シーズンといえばお酒がつきもの!

「酔った」=I’m drunk.くらいしか意外と表現を知らない人が多いのでは??

英語にも「シラフ」とか「ほろ酔い」という表現もあるんですよ★

「酔った」もdrunk以外もあります!

 

本日はそんな飲み会にまつわる表現をご紹介します★

Here we go!

 

1.「とりあえず生」

I’ll start with beer.

start with ~で「~から(~で)始める」ということで「とりあえず」となります。

beerを他のものに変えればビール以外でも言えますね。

 

2.シラフ

I’m sober.

シラフはsober(ソバー)を使います。

例えば

I’m sober. I have to drive.

「シラフだよ。運転しなきゃいけないから。」

のように使います。

 

 

3.ほろ酔い

I’m tipsy.

tipsy(ティプスィー)ってなんか響きが可愛いですよね(笑)

「いい感じに酔っている」時に使います。

また、同じ意味としてbuzzedも使います。

「少し」を意味するa littleやa bitとよく一緒に使います。

(例)

I’m a little tipsy.

I’m a bit buzzed.

 

応用してI’m more than tipsy.なんて言ってもいいですね♪

 

 

4.酔ってる

I’m drunk.

この表現は「かなり酔ってる」という意味です。

「あー酔った~」と言いたい時は

Oh, I got drunk.

と言いましょう。

「ベロベロ」「泥酔」というニュアンスを言いたい時は

I’m wasted.

I’m trashed.

と言いましょう。

trashは「ゴミ」という意味ですので、「酔っぱらいすぎてゴミみたいに酔っぱらった」と覚えると覚えやすいかもしれません(笑)

wasteも「無駄な・役に立たない」という意味があることから「酔っぱらいすぎて役に立たない」と覚えるといいかもしれません(笑)

にしても「ゴミ」って(笑)

 

 

5.酔いをさます

これは1で出てきたsoberを使います。

(例)

I need to sober up.

「酔いをさまさなきゃ。」

It’s freezing outside! This sobers me up.

「外めちゃくちゃ寒い!酔いがさめるわ。」

 

 

6.お酒強いの?

Can you hold your drink/liquor?

意外や意外にこの「お酒強い?」という表現には動詞のholdを使います。

holdの意味は「持つ・保持する・収容する・持ちこたえる」等、いろんな意味がありますが、「アルコールに持ちこたえる」→「お酒に強い」ということでこの表現を使います。

またはこの表現がわからなくてもCan you drink a lot?など簡単な表現でも通じます。

表現を忘れてしまって「黙る」「レスポンスが遅くなる」のが一番よくないです。

会話はテンポです。

かっこつけてネイティブの表現にこだわってレスポンスが遅くなるくらいなら、中学生英語でテンポよく会話しましょう♪

 

 

7.Taxi!

これは酔っぱらってお酒をこぼしてしまうなどの粗相をした人がいる時に言うフレーズです。

粗相をする=酔っぱらっている→もう帰った方がいいよ、タクシー呼ぼう→”Taxi!!”ってことです(笑)

口元に手を当てて外に向かって「タクシー!」と叫ぶ感じのジェスチャーと一緒に使ってください★

 

 

8.おごるよ

It‘s on me. / This is on me.

「おごる」はbe動詞 + on meを使います!

これは知っていないと「買う」という意味のbuyを使いたくなるのでは。

特に男性はこれがさらっと言えるとかっこいいですね★

 

 

9.仕事の後の冷えたビールは最高!

There’s nothing better than a cold beer after working!

この気持ち、すごくわかります(笑)

たとえどんなに寒い冬の日だろうが、一杯目は冷えたビールが美味しいですね(笑)

bettterはgoodの比較級(最上級はbest)。比較級はthan「~より」とセットで使われます。

比較級 + than ~で「~より〇〇」となります。

 

 

10.飲むのが好きです。

これ、かなりの人がI like drinking.と言います。

が!!!

これはあまりいい表現ではありません。

極端な言い方をすると「ただただ酔うために飲んで騒ぐのが好き」みたいなニュアンスになります。

ネガティブなイメージを与えてしまうのです。

なので、「飲むのが好きです」と言いたい時は

I like to go out for a drink with my friends.

と言いましょう。

go outは「外出する」。

「友達と飲みに出かけるのが好き」→「飲むのが好き」となります。

また、「先週末友達と飲んだ」もI went out for a drink with my friends last weekend.でgo outのgoを過去形にして使います。

 

 

以上、飲み会に関する表現10選でしたがいかがでしたか?

これはかなり日常会話で使える表現ですので使ってみてください★

 

Have a good one★

Author Profile

渡邊 優
渡邊 優

大手IT企業に2年務めた後、ワーホリでオーストラリアに1年滞在。
エージェントを介さず1人で飛び込んだ海外。
そこで学んだ日本の「教科書English」ではないリアルな英語。
知り合いゼロの中、友達作り、家探し、職探し、全て英語で挑戦。
日本人ゼロのシェアハウスで様々な国籍の人とのコミュニケーションを学ぶ。
現地の語学学校での教え方を記録し、現在のレッスンにも取り入れている。
そして単に言語スキルとしてだけでなく、外国人のように自己表現をうまくできる日本人を増やしたいという想いの元英語を教えている。
その他、仕事・年齢・性別関係なく人とのご縁を繋ぐイベント団体「縁joy」代表、「女性が仕事を生きがいにしていける社会の実現」のための活動イベント「名古屋100人女子会」発起人でもある。

COMULINK講師の本気の学習コンサル&体験レッスン会

学習コンサル&体験レッスン会の流れ(90分~120分)

①学習コンサル(約30分)
②英会話・TOEIC・発音指導などご希望に応じた体験レッスン(30分~40分)
③最適プランのご提案(約30分)

英語が話せるようになるまでの期間や取り組むべきことが明確になります。
単なるレッスン体験にとどまらず、その方にあった最適な学習方法をお伝え出来ます。