新年の挨拶はハッピーニューイヤーだけじゃない!

みなさん、こんにちは。

熱海で温泉に入ってきた伏見校の Ms. Lei です。

本日12月31日、大晦日。

2017年はあと数時間で終わるところまで来ました。

Are you ready for 2018???!!!

みなさんはどうやって大晦日を過ごしていますか?

アメリカにいた時は毎年カウントダウンパーティーに行ってました。今年は約10年ぶりに家族とお正月を過ごすのです!うちは毎年親戚の家でご馳走を作って食べて、夜中までトランプしながら12時になるのを待つのです。そして12時になった瞬間、作っておいた餃子を調理し始めます!餃子はもともとお祝い事の席で食べるものですよ〜!今年、このトランプと餃子の会に久しぶりに参加するのでとっても楽しみです。なんで餃子の話をするのかというと、私はもともと中国出身で、お正月などのお祝いの時は必ず餃子を食べます。日本に移住してきてもその習慣が続いているんです。しかも中国に住んでた時はトランプじゃなくて麻雀でした。(笑)

さて、明日から新年の挨拶がバンバン送られて来ると思います。せっかく英会話を習ってるという方はぜひ今日の記事を生かしていただきたいです。

ということで英語でオッシャレーな新年の挨拶をいくつか紹介しましょう!

1: Happy New Year!

まずは皆さんが知っている定番の「ハッピーニューイヤー」ですねー!

一番無難ですが、頭に a をつけないように気をつけましょう。

A happy birthday. とは言わないのと同じく、A happy New Year とは言いません。じゃ、a はどこから来たかと言いますと → Have a nice day. と同じく、Have a happy New Year! の時、必要になります。

明日から英語圏のお友達に新年の挨拶をするときは正しく、Happy New Year! とメッセージをしてください。A happy New Year. で年賀状を印刷しちゃった人は、今日中にやり直しー 笑 (そんな暇あるか)

その他、

Have a great New Year!

Have a terrific New Year!

など happy の他に違う形容詞を使ってみるのもいいですね〜

2: Wishing you a ~ New Year.

Wishing you ~ は「あなたに〜を」といったニュアンスです。

メッセージカードでよく見かけますのでいろんな場面で使えます。

〜の部分には好きな形容詞を入れてみてください。

例えば、


Wishing you a wonderful New Year!

→あなたに素敵な新年を!

 

you の後に and your family をつけると、「あなたとあなたの家族に〜を」もいいですね!

 

Wishing you and your family a healthy and a happy New Year!

→あなたとあなたの家族に健康で幸せな新年を!


これでHappy New Year. が一段とレベルがアップします!⤴️

誕生日の時に使ってみると、こうなります。↓

 

Wishing you a happy birthday!

 

Wishing you a blissful birthday!

blissful とは 至福な、幸せに満ち溢れたという意味で、 happy よりもっともっと幸せな形容詞です。

3: May you have a ~ New Year.

May ~ という表現で「〜でありますように」といったニュアンスがありますので、頻繁に使われます。そしてまた、〜の部分に好きな形容詞を使うといいですよ。

例えば、

May you have a wonderful New Year.

→素敵な一年を!

 

May you have an amazing year ahead.

→この先最高な一年でありますように!

 

ahead は この先という意味で、New Year の代わりに year ahead を使うとこの先の一年というニュアンスになります。新年に限らず、他のお祝いの時にも使えます。

 

例えば、

 

May you have a fun honeymoon!

→楽しいハネムーンをお過ごしください。

May you have a blessed holiday!

→幸いなる祝日を!

(英語圏はキリスト教徒が多いので、聖なるクリスマスと解釈することが多いです)

May you have a fun birthday!

→楽しい誕生日を!

 

4: Let the New Year bring you lots of ~.

 

Let は〜させるという意味があるので、Let the new year bring you ~ は「新年があなたに〜を持ってくるように」といったニュアンスになります。〜の所には「幸せ」や「喜び」などのポジティブな名詞を入れましょう。

 

例えば、

 

幸運=fortune

勇気=courage

希望=hope

恵み=blessing

笑い=laughter

愛=love

平和=peace

成長=growth

成功=success

 

などなどがあります。

 

例えば、

Let the New Year bring you growth and success.

→新年が成長と成功をもたらしてくれますように。

Let the New Year bring you peace and courage.

→新年があなたに平和と勇気を運んできてくれますように。

 

と、去年はちょっと大変だった人を励ますよう使うこともできます。

 

5: May your New Year be filled with ~.

 

これも may を使った表現ですが、may の後に続く文章が受け身形になるパターンです。your new year が主語で、be filled with ~ の受け身形の働きをして、「あなたの新年が〜でいっぱいになりますように」というニュアンスになります。

ここも〜の部分に4番で紹介した名詞を幾つか入れるといいですよ!

 

May your New Year be filled with lots of laughter and success.

→新年は笑いと成功がいっぱいありますように。

 

May the year ahead be filled with many blessings and hopes.

→この先一年がたくさんの恵みと希望であふれますように。

 

もちろん、新年の挨拶に限らず、記念日や誕生日などの特別な時に使えます。

 

例えば、

 

May your anniversary be filled with fun and joy.

→楽しみと喜びがいっぱいの記念日でありますように。

 

May your birthday be filled with love and laughter.

→愛と笑いがいっぱいの誕生日でありますように。

 

ではでは、私はこれから夕食の準備に入りますので、この辺でおさらばをしたいと思います。

 

私からみなさんへ

 

Best wishes to you and your family.

 

May your New Year be filled with tons of laughter and happiness.

 

Have a prosperous* 2018!

 

*prosperousとは、繁栄する+うまくいっている+順調な+幸運な+裕福な、の意味を全部含めた英単語で、私の一番好きな形容詞です。

Author Profile

服部蕾
服部蕾

中国13年→日本7年→アメリカ17年→そしてまた日本
三カ国語ペラペラ
元ピアノ講師 in America (12年)
翻訳会社のプロジェクトマネージャーin America(7年)
気持ちはガイコクジン
3度も移住を経験して身についた文化と語学力を皆さんに伝授したい!

COMULINK講師の本気の学習コンサル&体験レッスン会

学習コンサル&体験レッスン会の流れ(90分~120分)

①学習コンサル(約30分)
②英会話・TOEIC・発音指導などご希望に応じた体験レッスン(30分~40分)
③最適プランのご提案(約30分)

英語が話せるようになるまでの期間や取り組むべきことが明確になります。
単なるレッスン体験にとどまらず、その方にあった最適な学習方法をお伝え出来ます。