英会話と一緒に使いたいジェスチャー10選

初めまして!

ブログ初登場!栄校の結衣です。

よろしくお願いします!

早速ですが今回は英語で会話しているときに一緒に使えたらかっこいいジェスチャーをご紹介します!

 

カフェで隣の席の外国人がいきなり会話中に机をコンコンしだしたり、ピースしてるように見えるのになんか違うようなポーズしていたなんていうところを見て不思議に思ったことのある方もいるのではないでしょうか?

 

 

 

そんな不思議を解消しつつ使ってみたくなるようなジェスチャーをチェケラ!!

1.Knock on wood

直訳すると木をノックする。ということで先ほど例に出てきた机を叩くジェスチャーです。

 

なんでそんなことをするのかというと、英語圏には

 

『言葉にしてしまうとそれが起こらなくなる』

 

なんていう迷信があります。

 

 

じゃあ言葉にしなければいいじゃん。

 

なんて言ってしまえばおしまいですが、やっぱり幸せはシェアしたいですよね。

 

だから机をノックするというおまじないをして、発言と逆のことが起こらないようにするのです。

 

たとえば、

 

 

I think I will pass tomorrow’s Eiken.

明日の英検受かると思うんだ。

 

 

といった後に言った本人が机をノックします。

 

こんな風に使って逆のことにならないよう予防しましょう!

 

 

 

2.Fingers crossed

 

こちらはさきほどの例二つ目です。

 

人差し指と中指をクロスさせるポーズのことを言います。

 

これは1番のKnock on wood とはの意味があり、

 

願い事がかないますように。

 

という意味になります。

 

 

例えば、

 

I hope it will be sunny tomorrow.

明日晴れるといいなあ。

 

と言いながら指を組みます。

強い願い事するときは日本語話してるときでも、このジェスチャーでかなうおまじないしたいですね。

 

 

3.Come here

 

みなさんはこっちに来てと手招きするときはどのようにしますか?

 

たぶんほとんどの人が手のひらを下においでおいでってしますよね?

 

 

ですが英語圏では

 

手の向きが逆なんです!!

 

英語圏では手のひらを上にして日本で車に向かってオーライオーライっ!とするようなイメージで手招きします。

 

 

また手のひらではなく人差し指だけで呼ばれると、注意または怒られるときなので、見分けられるよう覚えておきましょう!

 

 

4.Hold on

 

Hold onはちょっと待ってですが、そのちょっと待ってには主に二つのジェスチャーを使います。

 

一つ目!

 人差し指を立てます。

 

こちらはOne secondやJust a momentという意味で数字の1を連想させるジェスチャーです。

 

二つ目!

 手のひら(両手の場合が多い)を相手に向けてストップサインを出す。

 

こちらにも待ってという意味もあるのですが、相手の言っていることに強く反対したいときにも使います。

 

You said meet up here 2 p.m.yesterday!

ここで二時に待ち合わせって昨日言ったでしょう!

 

と言われたときにこのジェスチャーを使いながら

 

Wait wait! I said  around 2 p.m.! I didn’t say just 2 p.m.

ちょっと待ってよ!2時くらいって言っただけでぴったりとは言ってない!

 

なんて反論することができます。

 

ですがなるべく使わないですむようにしたいですね。笑

 

相手が話しているときにさえぎって反論したいときに使えるジェスチャーなので言い訳じゃないときでも使えるのでそんなときでも使ってみましょう!

 

 

5.Tut tut tut

 

これは禁止を表し、人差し指を左右に振ります。

 

左右に振るときにtut tut tutと音を出すのが一般的です。

 

これはどこかでみたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

主に子供へのしつけでそれはやってはダメだよという感じで使うのですが、冗談で大人にも使えます。

 

良いタイミングで使えるとネイティブらしくなって会話も楽しくなること間違い無し!!!

 

なので楽しく時には厳しくこのジェスチャーを使いましょう!

 

 

6.Calm down

 

落ち着いて。と両手のひらを下に向けて下げる動作をします。

 

これは日本で使うこともあるかもしれないジェスチャーですね。

 

このジェスチャーをしながら

まあまあ、落ち着いて。

のような感じで使います。

 

分りやすいので今日から使ってみると会話がスムーズになるかもしれませんね!

 

 

7.Whoosh!

 

手を頭の前に手の甲を上にしておいて、そこから頭の上に持っていきます。

 

これは

It went over my head.

 難しすぎてわかんない!

という意味で、要するに参った。という感じで使います。

 

話が難しすぎるときに使えるので、わからないときにおおげさにやってみると、そのところを掘り下げやすくなって会話を上手に広げられそうですね!

 

また、冗談で言ったことを真面目にとらえている人に向かってこのジェスチャーをする場合もあります。

 

こちらは人をバカにした表現となってしまうので注意して使いましょう!

 

 

8.Nodding

 

Noddingの意味はうなずくです。

 

ですがイギリスにはうなずくだけにもいろいろな意味があるのでどんな意味があるのか今からチェケラ!!

 

1.まずは日本と同じ“yes”の意味があるうなずき。

この意味のときは普通のペースで2,3回うなずきます。

 

2.ゆっくりなペースでうなずいているときは

「あなたのいうこともわからなくはない」

という微妙なyesでもnoでもない気持ちを表しています。

 

3.2番とは逆に速くうなずくときは

「もう分かっているから話を進めて」

というせかすような意味があるのでうなずくスピードには注意しましょう!

 

4.最後は大きく1回うなずくと最高の同意を示します。

これをもらえるとうれしいので堤のギャグにも笑ってこのうなずきをしてほしいですね。笑

 

 

9.Really?

 

Really?と言いながら眉毛を上げるとほとんどの場合で

信じられないことをきいてビックリ

という感情を無意識で表しているときに使われていることが多いのですが、

 

もっと詳しく話してもらえないと困る

 

それ本気?

 

という意味で意図的に眉毛を上げるときもあります。

 

また英国では仲の良い人に対して声を出したり大きな手振りをしてあいさつできないときに眉毛を上げてあいさつをするということにもなるのでかっこよく使ってみたいですね!

 

 

10.Fancy a drink?

これは飲まない?という意味で親指を口元に近づけたり、グラスを持って口に近づける動作をします。

 

お酒の席で使いやすいジェスチャーですね。

 

またその動作に頭を左右にゆらゆらさせることをプラスすると

もう酔っぱらっているということを示します。

 

日本でも飲みに誘うときなどにこのようなジェスチャーをしますよね。

 

そのようなノリで使えるようになっちゃいましょう!

 

 

 

今回は英会話中に使いたいジェスチャーの紹介でした!

みなさんはいくつ知っていたでしょうか?

話しているときにさらっと使ってみたいですね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

Hope you have a great weekend.

See you!

 

Author Profile

山路結衣
山路結衣
1997年9月12日生まれ。 4歳から英語教室に通うが、好きにはなれず。 中学3年でなんとなく出てみた英語弁論大会にて自分の意見を英語で伝える楽しさを知り、そこで英語が好きになる。 愛知県立尾北高等学校国際教養科卒業。 高校3年生でAFS年間留学プログラムにてタイへ。 タイ語能力ほぼゼロで立ち向かい、現地で1から勉強し話せるように。 適応力を生かしてどの国へ行っても楽しく過ごせるための言語学習をお手伝いします!

COMULINK講師の本気の学習コンサル&体験レッスン会

体験レッスンの流れ(90分~120分)

①カウンセリング(約30分)
②英会話・TOEIC・発音指導などご希望に応じた体験レッスン(30分~40分)
③最適プランのご提案(約30分)

英語が話せるようになるまでの期間や取り組むべきことが明確になります。
単なるレッスン体験にとどまらず、その方にあった最適な学習方法をお伝え出来ます。