必要のない勉強してませんか?Ms.Leiが薦める英語学習法

Hey guys. It’s Ms.Lei here. How’s it going?

 

みなさん、こんなこと思っていませんか?

英会話の勉強しよう!

とりあえず英単語をたくさん覚えなきゃ!

単語帳を買って、まず単語を覚えることから始める。

それか文法本をかって、まず文法の勉強、復習から始める。

 

確かに、英単語はたくさん知ってることに越したことはないが、実際暗記した単語はどれぐらいの頻度で使われていますか?いざ必要になった時、英会話のレッスンの時、パッと口から出てきますか?

おそらくどちらも「NO」ですよね。

なぜかと言いますと、このような学習法は英会話の勉強じゃなくて、受験勉強に当たるからです。日本の教育システムの中で、英語の勉強は点数を取るための対策であって、私たちはそう教えられました。英検、入試試験、TOEICなどなどのために暗記するものがずらり!試験終わったら応用することもなく、忘れていく。これと同じアプローチで英会話に望むと成功しにくいのも無理がないですね。そんなやり方しか教わってないですもん!

もし、受験目的でないのなら、今すぐ勉強方法を変えてみましょう。

 

じゃ、何をどうすれば自宅でも「英会話」につながる勉強をすればいいのか?

 

次の数週間にわたっていくつか紹介していきたいと思います。

これから紹介するのは全部私自身がアメリカ生活1年目の時に実践した学習法で、半年ぐらいでペラペラの「ペラ」まで行けるようになった方法です。同じく日本語もこの方法で覚えていきましたので、成功率は高いです。

 

その①:英語で日記をつける(初心者向け)

 

初級編:シンプルな英語で書くこと。

どれぐらいシンプル?

それは基本中の基本の S+V+O(主語+動詞+目的語) だけで文章を作ることです。

内容は日頃の生活の中でほぼ毎日取る行動を書く。主語は必ず I を使います。

 

例えば:

 

I wake up. 目が覚める

I get up. 起きる

I eat breakfast. 朝ごはんを食べる

I take a shower. シャワーをする

I take a bath. お風呂に入る

I go to work. 仕事に行く

I go to school. 学校に行く

I go to supermarket. スーパーに行く

I have a meeting. 会議がある

I have a class. 授業がある

I sleep. 寝る

I walk my dog. 犬の散歩をする

I cook dinner. 夕食を作る

I do laundry. 洗濯をする

I use computer. コンピューターを使う

I take train. 電車に乗る

I drink water. 水を飲む

I watch TV. テレビを見る

I buy coffee. コーヒーを買う

 

などなどと毎日の生活の中で取る行動、その日に取った行動を書いていく。

この時点で大事なのは、動詞をそのまま原形で、声に出して読みながら書くこと

まず、これを二日間書いてください。

 

中級編:今度は同じことを過去形を使って書きます。

ここもS+V+Oだけでいいです。これ以上書く必要はありません。

 

I woke up. 目が覚めた

I got up. 起きた

I ate breakfast. 朝ごはんを食べた

I took a shower. シャワーをした

I took a bath. お風呂に入った

I went to work. 仕事に行った

I went to school. 学校に行った

I went to supermarket. スーパーに行った

I had a meeting. 会議があった

I had a class. 授業があった

I slept. 寝た

I walked my dog. 犬の散歩をした

I cooked dinner. 夕食を作った

I did laundry. 洗濯をした

I used computer. コンピューターを使った

I took train. 電車に乗った

I drank water. 水を飲んだ

I watched TV. テレビを見た

I bought coffee. コーヒーを買った

 

英語の過去形は、原形の後ろに ed をつけるだけでいい(cook–cooked)のと、 不規則動詞(take–took)の2種類ありますね。これは原形と過去形の両方を覚えるようにしましょう。今後のためになります。

wake up — woke up

get up — got up

eat — ate

go — went

drink — drank

watch — watched

have — had

walk — walked

buy — bought

 

お気づきかもしれませんが、不規則動詞の方がよく使うんですね〜

これも、声に出して読みながらもう二日間続けてください。

 

上級編:S+V+O+所ジョージ

 

ん???所ジョージ???

 

:場所(学校で、仕事先で、待ち合わせの場所など)

ジョー:状態(一人で、誰かと一緒になど)

:時間帯(時刻、日にちなど)

 

のことです!

私はこれをコミュリンクの横浜セミナーで初めて聞きました。目から鱗でしたね〜!

 

つまり、S+V+Oはそのままにして、S+V+Oのあとに場所や時間などを付け加えることです。

 

例えば:

I ate lunch at school cafeteria. (SVO+場所)

I woke up at 9:00am. (SV+時刻)

I went to work at 8:30am.(SVO+時刻)

I went to school with my friend. (SVO+誰かと一緒にの状態)

I slept naked. (SV+裸の状態) 笑 (ほかに思いつかなかったです)

I took shower alone. (SVO+一人での状態) 笑

I watched TV with my family. (SVO+家族と一緒にの状態)

I cooked dinner at home with my boyfriend last night. (SVO+ジョー

 

こんな感じで少しずつ文章を長くしていきます。

ここまで来ると、「所ジョージ」の前に前置詞が必要になってきます。

 

いろいろと不規則なのもありますが、大体、以下のように覚えるといいでしょう!

at を特定の時間の前につける 

 

at 9:00am →朝の9時に

at noon →お昼の12時に

at three thirty am →朝の3時半に

 

on を決まった曜日、日にちの前につける

on Monday →月曜日に

on my birthday→私の誕生日に

on Valentine’s Day→バレンタインの日に

on July 4th→7月4日に

 

in をある期間の前につける

in the evening→夕方に

in the morning→朝、午前中に

in the afternoon→午後に

in April→四月に

in spring→春に

with を一緒に行動した人の前につける

with my friend→自分の友達と

with my family→自分の家族と

with my coworker→自分の同僚と

日本語ではあんまりわざわざ私の友達や私の家族とはいいませんが、上のように英語だと必要になります。

一人でのときは alone、もしくは by myself です。

 

at を具体的な場所の前につける

at gym →ジムで

at home→ 家で

at restaurant →レストランで

at school →学校で

at work→仕事先(バイト先)(会社)で

 

場所の前は in じゃないの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、場合によります。

とりあえず in は inside の略、「~の中にいる状態」の時だと思ってください。しかも場所に限りません。うえのように期間の前につけることもあります。

こういう前置詞を追求し始めるときりがないので、まずはシンプルに覚えていきましょう。

ここに載っていなければ、知らない単語だけを辞書で引いてください

翻訳ソフトをつかって全文訳さないことが大事です!

Today, I woke up at 8:30am. I ate breakfast. I took a shower. I went to train station. I took train.

I had lunch at noon. I had a meeting at work in the afternoon. I went to supermarket. I went to the gym in the evening. I cooked dinner at 8:00pm. I ate dinner with my family.

こんなかんじで書いてみてください。書いたら必ず音読することです。見ないで言えるまで音読をつづけることです。ぜひこのブログに出てきた表現をそのまま使って、マニュアルだと思って今日から日記を一週間書いてみてください。毎日とる行動ですので、これを毎日続けると必ず身に付きます。

一週間で普段の生活の中で使う表現がたくさんできるようになってるはずです。原形も、過去形も。

 

次回はさらに深く紹介します。

 

お楽しみに★

 

 

Author Profile

Ms. Lei
Ms. Lei
中国13年→日本7年→アメリカ(LA)17年→そしてまた日本。三カ国語ペラペラ。LAではピアノ講師として12年、翻訳会社のプロジェクトマネージャーとして7年勤めました。気持ちはガイコクジン。3度も移住を経験して、身についた文化と語学力を皆さんに伝授したい!なんでも聞いて★

COMULINK講師の本気の学習コンサル&体験レッスン会

体験レッスンの流れ(90分~120分)

①カウンセリング(約30分)
②英会話・TOEIC・発音指導などご希望に応じた体験レッスン(30分~40分)
③最適プランのご提案(約30分)

英語が話せるようになるまでの期間や取り組むべきことが明確になります。
単なるレッスン体験にとどまらず、その方にあった最適な学習方法をお伝え出来ます。